バックアップ

あったかい飲み物を買おう、手を温めたいからペットボトルじゃなくて熱い缶にしよう と思っていたのに無意識にペットボトルのほうじ茶ラテを手にしていた 珍しく日を跨ぐ前にひとりの夜になったからシャワーを浴びて目を覚まして湖の周りを散歩 湯冷めで手がかじかむ 文章の書き方を忘れた というより自分はどんなだったっけ 忘れた 底にいる自分との向き合い方と整理の仕方と自信が近頃全く見えなくなってしまって、近くにいるのはわかるのにはっきりとわからない、あの、今まで霊感あったのに急に幽霊見えなくなったみたいな感じかもしれない。もともと霊感ないけど。頭の中が処理中の物だらけで、たくさんのセーブデータがあるんだけどロードが上手くいかないみたいな そんな感覚 これが1番しっくりきた 大変困ってる きっと何かが変わる瞬間の最中で、変わった部分が旧型にハマらなくなって、IDが変わってしまって、前と同じ気持ちで物を見れなくなって、冒険もできなくなって、朝まで遊ぶより睡眠が大事になって、大したことない用事じゃ人に会う気が起きなくなって、LINEを続けるのも面倒くさくなって、一本電車を逃しても焦らなくなって、人の事を本気で心配できなくなって、日常が作業になって、ひと月が速くなって 変わってからじゃないと気づかない 昔のプレイリストが不意に流れて懐かしいなんて漏らす あんなに聴き込んでいたのに離れた時を思い出せない あいつもあの人もあの子も自分もみんな気に留めないうちにどんどん年をとって知らない街で知らない人間と過ごしていて、それぞれが両手を伸ばして届く範囲の日常を持っていて簡単に会えなくて、それは物理の距離じゃなくて心と時間の距離で、21歳だった同い年のやつらも足腰が重くなって両手で届く範囲の外に出るのを半意図的に避けているような 多分自分も、久しぶり なんて言葉に少し狼狽えている どこにも行けないような気すらしてきて、毎日の楽しみは食事に傾いていく 大人のInstagramほど美味そうな飯で埋まってたりするのは多分そういうことな気がする きっと思いもしないところでもう一生会わない人がいる 少し考えただけでそんな気がする人がたくさん浮かぶ 寂しくなるから真面目に考えたくないけどきっと大人になるということとそれはセット 寂しく悲しく思えるうちが華 人間だからだんだん思い出せなくなる 出会いのやりとりも電車での会話もあの日食べたものもかけた言葉もあの部屋も身長差も毎日更新の下敷きになって勝手に埋もれていく 「最後まで 残るのは 姿だろうか ―それとも 声なのだろうか」というハチクロの真山の言葉、最初に読んだときは両方忘れるわけないって思っていたけれどこの歳になって突き刺さる もうどちらも鮮明に思い出せない人もいる 覚えているのは会話のニュアンスと"居た"ということだけ 

大人になることなんて想像できなかった小学生の頃はもう十数年前で、気づけばあの日の大人をなぞっている 学校の仕組みも社会の仕組みもテレビの仕組みもクリスマスの仕組みも家族の仕組みもわかってしまった ぼくらはただ生きていて、それぞれランダムに転がる無数のボール同士がぶつかるように人と出会って輪をつくって生活していて それだけだけど、それだけに賭けたい 嘆いても環境は変わるし人も変わるけど同じ日を観た事実は変わらない 可能な限り大切に抱いて連れていく だから 先で逢えたらみんなまた笑ってほしい

140字

気持ち支えるのは愛と音楽 キラキラでもイケイケでもなくノイズに乗せて言葉を吐く あるいは綺麗なJAZZに韻を添える 単調なバスとスネアのビートを彼らは音楽に変える なんの装飾も無い毎日を己で彩る 辛酸舐め回してきた奴らはわかる 懐の深さと目の奥に佇む仁王立ちした心 まるで演者 映えない努力は轟く 裕福な人間にも響く真のロック 皮肉は漏らさない ブラさない芯 それこそ人間の真価 tinderなんかに費やさないlife Twitterに綴ったnot a lie 啜った安い飯に麻薬を感じてからが人間本番  薬味無しを美味いと思えなくなったら人生相談 意味も無いクズの話を聞いてくれる君のお陰で生きる理由に気付く ブスだからと誤魔化して隠す雫

ハコ

目を落とすたびに減っていく充電 顔をあげれば歩く気も失せる直線 思考を塗り潰す言葉の羅列 甘えない女のプライド せめて肩寄せるくらいどうなの GADOROからのDAOKO 好きな人も好きだって言ってたっけな 肩書きや地位なんて要らないと思っていたけど少し欲しくなった 大人は恐ろしい なんて言葉で逃げてしまう 1993年製の響きだけ立派な24歳 止まない雨で目が回る ぬかるんだ地面で足元が見えなくなりそう 秋なのに梅雨みたい 下道を高速で去るハイエースみたい 馴染みの曲だけは変わらない 友達も家族も幸せな瞬間もCDみたいに閉じ込めておけたらいいのに 友達はいつまで友達で あの子はいつまで好いていてくれるだろう 自動で契約更新しておいて ほらもう4%になった充電 今年の流行はパープルみたい 紫で思い出すのは死んだ同級生 あなたもいつまで生きるだろう 気づかないだけであの夜が最後の晩餐とか なんてね 愛してる大事な人たち 変わらず愛していて

しょうたい

ぼんやりしてるのは寝不足のせい  

失望なんてしたくない 流れる曲が遅いせい

眠そうな声をリバーブがゆらす

なんだか 好きだった昔のバンドに似てる

ごはんも食べずに眠りそう 

地球最期の日

‪夜を焼き付けよう ふたりの好きな映画みたいに

純粋なフリで 現実を包んで

ふたりの全てを肯定するの きっと素直になれるはず

世界が傾いて カーテンの裾が白く滲むまでは

いつか忘れてしまうから 覚えてるうちに泣いておくよ

いつか変わってしまうなら ここに心を置いていく

落日

いつものお兄さんが私の顔を見るなりWinstonの3ミリを手に取った。月に2.3回利用するだけなのにわざわざ銘柄を覚えていてもらえるのは嬉しい。

私はこのタバコしか吸えない。

数年前は四角く角もフチも尖ったパッケージで、CASTERという名前だった。少しだけ甘くて苦い味。名前が変わる前は白地の箱に小さいオレンジ系の丸が夕焼けのグラデーションのように3つ並んで印刷された、シンプルで喫煙者臭くない愛嬌のあるパッケージで、そこも好きなポイントだった。

大学の頃に好きだった人が吸っていて、煙草自体吸ったこともなかったけれどなんとなく真似をして同じ銘柄を吸い始めた。最初は慣れなくて煙臭くて苦かったけれど、いつのまにかルーツも忘れて自分の嗜好品になっていた。

あの人のこと、あんなに好きだったのに、LINEの返信ひとつまで気にしていた頃の感情を思い出せなくなってしまった。目を細めて遠くにピントを合わせるように脳みそを絞ってやっと「ああ、好きだったみたい」って まるで他人の日記でも読んでいるみたいに思い出す。

きっと、あなたも同じように記憶に沈んでいくんだろうね。会う度に緊張で落ち着かなかったこと、手を繋いでくれた夜のこと、初めてふたりで遠出したこと、帰りたくないって終電ギリギリまでベンチで話し込んだこと、歌声を気に入ってくれたこと、いつも先に酔ってしまって一度もあなたの酔った姿をみれなかったこと。きっと、今と、続く未来が毎日毎日重なって、あげたらキリがないくらいの大切な思い出たちを霞ませて鮮明さを蝕んでいくよ。

ただ、人生の一番暗い部分を明るく照らしてくれた人の事は、この先辛いことがある度に頭を過るはずだ。身を削るように燃えて滲む、オレンジ色の情緒的で儚くて美しい落日のような存在を、きっと私は死ぬまでに何度も思い出す。

 

20170831 

透明のきらきら

 職場を出て家のドアを開けるまでの20分間が日々の自由時間。

2人暮らしは向いてなかった、なんて言おうがもう遅いのだ。怒った方が、喚いた方が、嘆いた方が、泣いた方が強い世界。少なくとも私の世界では、の話。不規則に飛ぶスーパーボールみたいに荒ぶられると、もう、落ち着いてキャッチするのに精一杯でこっちも同じ事してやる気にもなれない。変な優しさみたいな偽善の義務感が脳をジャックして無意識に身体を動かす。そして君の不安をさっと拭うような言葉が口から飛び出している。

一生見破らないでねと思う反面、いい加減気づきなさいよと思う。

 

え?ブログ見つけて見たの?あんなの気取って書いてるだけだよ(笑)目を見て口から出た言葉が全てだよ、だから大丈夫