社会の素

気づいたら5時

今日は試験があったため起床後から試験終了までアタフタ、売り場に戻ってからもすぐに店長に「あのカップルのお客さん取ってきて」と期待大きめの指示を出され久々に全力の気さくなお兄さんキャラ接客をして脇汗だらけの1日だった。23歳の根暗は頑張った。新作が2点売れた、良い人でよかった。

 

久々に店長と上がる時間が一緒で、ご飯に誘われ近くのラーメン屋へ。

色んな話をした、特に他のスタッフの話。今いる人の話と、もう辞めた人の話。学生バイトの女の子が入荷しなかった新作のグレムリンTシャツをみて店長に「絶対売れるって〜!!w」ってタメ語で言ってきた話が最近話題。店長含め、"クソ真面目"みたいな人間がいない職場で助かってる。特徴ある人間ばかりなので話題にも困らない。

ラーメンは最高だった。やっぱりネギと背脂はどれだけ期待しても裏切らない。

食べてる途中で「あ、これはもしかしたらご馳走になってしまうパターンだろうか」と思っていたら案の定ご馳走になってしまった。こういう場面で今自分は社会人なんだと現実に引き戻される。

馬鹿なのでボーッと会計を見守ってしまっていたところで我に返り、たしか支払いの際は見えない場所に逃げるのがマナーだった気がする…と思い不自然に出口の方へ逃げる。社会人1年目になって仕事に慣れてきてもやっぱり毛が生えた程度のクソガキに変わりはなくて、ああ もっとしっかりしたいなあ。ただ、こんなクソガキでも社会を構成している一部なのである。ミジンコより小さい存在だろうけど

 

今日は歯車がガチッと合った日だった。

 

20160827の朝 寝落ちにより投げ出されていた文章を補正