美しいもの

春が来た。この時期に聴く音楽はDAOKOの水星と決まっている。ゆったりなビートに乗せて延々と続くラップ、何よりも不安定な歌声がロンT一枚でも寒さを感じないこの時期の夜の気温とそのままどこにでもいけそうなふわふわした雰囲気にぴったりなのだ。

以前はどの季節が1番好きかと聞かれたら決まって「冬」と答えていたが知らぬ間に春の方がずっと好きになっていた。毎日にのめり込んでいると気づいた頃には過ぎ去ってしまっているすごしやすい暖かさ、環境の変化による刺激、いつまでも続かない一瞬の季節、そんな部分が飽き性の自分にはたまらないんだと思う。ありがちだけど、出会いと別れも。知り合っては消えていった人たちは元気だろうか、気にはなるけど会って話したりしたくはない。一夜を一緒に過ごして別れてそれっきりになった人も、仲良くなったけれど環境が変わって全く合わなくなった人も、いいとこ取りで終わっていることを美しく思う。テンポの速い10巻完結とか、短編小説とか、やけに味のある90分の映画とかみたいに少し物足りないくらいが綺麗な思い出のままでいてくれるのだ。衝動から久々にブログを書いたけど、やっぱり気持ち良い。こうやって自分の感情とか記憶を掘り下げているとやっぱり自分の人生を全部見れるのは自分だけなんだなって当たり前のことを感じる。あの人の顔もあの人としたこともあの日食べたものも言葉も表情も話したかったことも抱いた感情も見たのはこの目で感じたのはこの脳で伝えることも奪われることもできない。この中で、ここで死んでいく。

 

20170407