透明のきらきら

 職場を出て家のドアを開けるまでの20分間が日々の自由時間。

2人暮らしは向いてなかった、なんて言おうがもう遅いのだ。怒った方が、喚いた方が、嘆いた方が、泣いた方が強い世界。少なくとも私の世界では、の話。不規則に飛ぶスーパーボールみたいに荒ぶられると、もう、落ち着いてキャッチするのに精一杯でこっちも同じ事してやる気にもなれない。変な優しさみたいな偽善の義務感が脳をジャックして無意識に身体を動かす。そして君の不安をさっと拭うような言葉が口から飛び出している。

一生見破らないでねと思う反面、いい加減気づきなさいよと思う。

 

え?ブログ見つけて見たの?あんなの気取って書いてるだけだよ(笑)目を見て口から出た言葉が全てだよ、だから大丈夫