地球最期の日

‪夜を焼き付けよう ふたりの好きな映画みたいに

純粋なフリで 現実を包んで

ふたりの全てを肯定するの きっと素直になれるはず

世界が傾いて カーテンの裾が白く滲むまでは

いつか忘れてしまうから 覚えてるうちに泣いておくよ

いつか変わってしまうなら ここに心を置いていく