カプセル

死ぬほど眠いけど今日は書かなくてはならない 書き残しておかなきゃ 昨日、2年弱勤めた店舗が閉店し、今日の撤去作業で店はもぬけの殻になった 作業中は時間に追われていたのもあってひたすらにフル回転で体を動かした 怒涛の6連勤で睡眠不足と閉店セールに忙しい毎日は感傷に浸る間も無く、目の前の1分1秒を過ごすのに精一杯だった 一人、また一人と最終勤務を終えていくアルバイトスタッフ達とは別れの挨拶を交わしてもまた明日同じ職場で会うような気さえしたが 自分もこの閉店をいい機会として辞職することが決まっていたので最後の最後、上司陣に「しばらくお会いすることは無いと思います。長い間大変お世話になりました。ありがとうございました。」と自分の口で伝えた時 直後のそれぞれの優しい表情と言葉に言い表せない"終わり"を感じた なんだろうな 1人だけ長距離のバスを降りるような 既にお互いの道が別れていることの実感 全く思い入れなんて無いと思っていたが勘違いだったらしい 話がくどいエリア長も微妙な距離感の店長も 毎日少しづつ、2年と3ヶ月をかけて生活に刷り込まれていた じっくりかけられた催眠が急に解けても狼狽えない方法を教えてほしい 輪から外れて点になる感覚は何才になっても慣れない "長い間お世話になりました"なんて、言葉にすると圧倒的に短いたったの2年も自分にとっては長かったんだ 口にして初めて気づいた ストレスを生むことも泣く思いをしたこともあったけれど、初対面の人と話すことの楽しさも知ったのも、ブランドの展示会の経験も、人との繋がりがうまれる瞬間も、社会人の立場を知ったのも、友達に服を売る経験も、知人友人の来店に癒された気持ちも、一生で1番分かり合えた大切な人と出会えたのも、同棲した1年も、あの場所を通して日常があって、しっかりと自分の人生に組み込まれていた 振り返れば愛しく思えるのは間違いなく優しい人達のおかげだ これからは街であの小さいロゴを身に付ける人達を見かける度に懐かしい気持ちになるんだろうな 未練たらしくいつまでも浸るつもりはないけど 代わりに、あの小さいロゴを見かける度に思い出してもらえる存在になれていたら嬉しいなと思う