長い夜道を

あの部屋の間取りをまだ覚えている 見かけなくなった褪せたピンクの灰皿  若者の声は朝に消えて グレーの邦画だけが流れ続けていた