never peak

2014年2月27日 もう4年も前のことだ 誰もが忘れてしまっている 勘の良いほんの少数の人たちが梅雨の明ける頃にふと思い返しているくらいだろう 「8」が世界から消えてから4年もの時が経った ほとんどの人間は認識すること無く人生を淡々と生きている でも気づいているのはきっと僕だけじゃない ただ誰も口にしない 皆静かに受け入れてじっと毎日を眺めている

無くても世界は噛み合って廻る

なにも「8」だけに限ったことではない 「ラムネ」や「匂い」、「昨日」や「重力」だって同じだ 太古の時代にmp3があっただろうか 風水があっただろうか 本当はこの輝く惑星にも名前はない 犬や猫がそれを知らないのと同じように

無くても世界は噛み合って廻る 僕に血が巡る限り